FC2ブログ

Latest Entries

無事に終了いたしました。個展・春風桃季のフローラ

10月27日、桑原聖美日本画展・春風桃季のフローラは、おかげさまで無事に終了いたしました

こんなに沢山の方がお越しくださったと思うと感謝の気持ちでいっぱいです

ご収蔵くださった方、ご助力くださった方、またいろいろな場所からの応援や暖かいお言葉にも感謝いたします  
大きな励みになりました

心にとどめておき、ときおり大切に思い返したい素敵な出来事もありました



ありがとうございました
心より




 再びお目にかかれますように、
もっと精進したいと存じております。

感謝を込めて



桑原聖美 Satomi Kuwahara 


本日までです 個展・春風桃季のフローラ

感謝とともに、おなごり惜しい気持ちでいっぱいですが、
会期中(10月16日~27日)の桑原聖美日本画展・春風桃季のフローラ /あらかわ画廊は、本日27日(土)は最終日です。

只今、早朝の当地では、遠くの小鳥が鳴き、小雨が上がりそうな清々しい朝です。
東京はどうかなと東の空をみています。

なお本日は最終日のために4時までです。

ありがたいことに、今日で見納めの絵もございます、
ご高覧頂けましたら幸せです。

あらかわ画廊 個展

雨の百合  軸装
雨の百合  軸装

ボードレールの花 部分 

DSCN9039 ボードレールの花 部分

ボードレールの花   
Les Fleurs du mal  ボードレールの花、あるいは噴水  軸装 (画寸120×36.2cm)
  

夏の暑い日々に描いたこちらの二つの軸も見納めに。
とくに、ボードレールの花は下の方を朦朧体のように、また墨色をきれいに出したいとあれこれ悩みました。そして表具に出すときには緊張しました。

(画像ファイルがなぜか開かなくなってしまい、ブレ気味写真なので後日にきれいなものも載せます)



ご来廊、またSNSなどでもたくさんの応援をいただいております、ありがとうございます。

そして銀座経済新聞さんに掲載していただきました。(下の方を見ると、きれいな画像の初日会場風景も見られます)

銀座で桑原聖美さん個展 「女神の肖像」テーマに20点 - 銀座経済新聞 https://ginza.keizai.biz/headline/3602




何卒、よろしくお願い申し上げます。

桑原聖美  Satomi Kuwahara



「桑原聖美 日本画展  春風桃季のフローラ

2018年10月16日(火)~10月27日(土)
11:00~6:00
(日曜休廊・最終日4時まで)

あらかわ画廊
 東京都中央区銀座1-10-19 銀座第一ビル3F  
  03-3566-5213 http://www.arakawa-art.jp/

個展・春風桃季のフローラ、会期は折り返しです。音楽のことも

時が過ぎるのは早くて
 会期中(10月16日~27日)の
桑原聖美日本画展・春風桃季のフローラ / あらかわ画廊 http://www.arakawa-art.jp/は、会期折り返しになりました。

3日間の在廊、こころからありがとうございました。
沢山の方に観ていただき感謝、感謝です。

 すこし絵の配置変えをいたしました(してもらいました)。
ときおり、やさしい春風(ゼピュロス)が吹き抜けてくれたなら・・・
 より楽しんで頂けましたら嬉しく存じます。

どうぞ宜しくおねがい申し上げます。

個展 DM あらかわ画廊



今日は音楽のことなどを

始まりの歌 テ・デウム
始まりの歌―テ・デウムー  F8号 日本画
  今発売中の月刊ギャラリー 10月号のあらかわ画廊紹介ページに掲載していただいたのもこちらの絵です

この絵は音楽がテーマ。
音楽にお詳しい方は、テ・デウムと聞いて大作曲家の幾つかの華々しい曲を思い浮かべると思います。
 
 讃美歌、聖歌の中では、賛美の賛歌。 親しまれて祈りの歌として大切に歌われます。

歴史の中には、いろいろな忘れてはいけない出来事があります。
 私が住む名古屋、尾張地方にも。 殉教とは_まだまだ私にはわからない。

ひとつの美しい歌にも魂を込めた想いがあるということを描きたかった・・・・・
そして惜しみなく生きるということを




個展には、
足利真貴さんソプラノコンサート 2019年1月24日 宗次ホール(名古屋) のフライヤーが置いてございます。
(宗次ホールさん、急いで仮印刷版をお送りくださりありがとうございます ここで )
 どうぞお持ち帰りくださいませ。
 

 こちらのコンサートでは、なんと嬉しいことに、一部、私の絵と音楽のコラボレーションが企画されております。
映像ででしょうか?どのようなことになるのかとても楽しみです。 

ピアノはあの 赤松林太郎さんです。

足利真貴 ソプラノコンサート

宗次ホール 1・24

ソプラノ歌手の足利真貴さんには出会ってからの5~6年の間に何度かモデルをお願いしています。
でも、このようなコンサートでの企画は初めて。
 
 真貴さんはきれいなだけではなく、皆をお守りくださるアヴェマリアという雰囲気が漂う。たぶん、生まれながらの使命でしょうか。
そして声は澄んでいて清らか。

宗次ホールではプッチーニ・サルヴェレジーナがプログラムに。
ヴェルディ・椿姫、レスピーギ・あなたが生まれた時・・・も。 

真貴さん



このたびの個展・春風桃季のフローラでも、・始まりの歌ーテ・デウムーはじめ、3作品ほどモデルになっていただきました。





どうぞよろしくお願い申し上げます。
ご高覧いただければ幸いです。

桑原聖美 Satomi Kuwahara


 追記 足利真貴さん オフィシャルページ https://www.maki-ashikaga.com/
名古屋のほか大阪、東京でもコンサートが予定されています。詳しくはこちらでご覧くださいませ、そしてぜひお運びくださいませ。


16日からです  個展・春風桃季のフローラ

清秋の候
空はいよいよ碧く高く、
秋は深まりました。


制作中には、ひとことでは言えないいろいろなことがありました。
 今年の猛暑、夏にはエアコンが故障して、南向きの部屋の温度は40度を超えているという日が幾日も・・・(笑)
他にも思いもよらないことが・・・

でもすっかり季節は変わり、もう忘れてしまいました。

あえて、描きすぎないようにしてみた絵もあります。 これで良いのかな、どうなのだろうかと想います。

個展は16日から始まります。
新作とテーマにあわせた近作、旧作を含めて20点くらいです。

ご都合よければ、お運びくださいましたら幸いです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。


春風桃季のフローラ


「桑原聖美 日本画展  春風桃季のフローラ」

2018年10月16日(火)~10月27日(土)
11:00~6:00
(日曜休廊・最終日4時まで)

あらかわ画廊
 東京都中央区銀座1-10-19 銀座第一ビル3F  
  03-3566-5213 http://www.arakawa-art.jp/

16日、17日、少し出入りする予定ですが18日、在廊予定です。

絵の裏側 ドレス
ツイッターに載せたものと同じですが、こちらの写真は絵の裏側(制作中のもの)です。
裏彩色もしていますし、絹本ですから薄いために透けています。
 ドレスの柄として、またはドレスから透けるものとして描いたので、あえて描きすぎないようにしました。
軸装です。

Cボードレールの花DSCN9088
噴水 
ボードレール
 
ボードレールの詩でもっとも好きなのは噴水。
繰り返される言葉____
ドビュッシーが5つ歌曲にしているひとつ。美しくもの哀しいようなその曲は何度聴いても耳慣れないような気が私は致します。


個展のタイトルにした春風桃季のフローラはパネル張り込みにしました。両脇の裂は竹谷町、黒(古)紫で裏打ち。


椿姫
椿姫    F3   絹本彩色
椿姫は小品ですが、東洋的な白の諧調を出したいと苦心しました。上手くいったかどうか悩ましいところです。
 達者な方からしたら、?と思われるくらい何度もいろいろな種の胡粉などを重ねてみました。

東洋の白は強く華があって、
 また純粋で複雑で切ない、椿姫のように。




 ただ芸術の美を味わいたかったのです。
優雅で洗練された人々に交わって暮したかったのです。だから私のお友達はいつも選び抜いた人ばかりです。

_  私は恋をしました。 
   心から愛しました。                          マリーデュプレシ          

マリーデュプレシの手紙から  引用)






どうぞよろしくお願い申し上げます



















”春風桃季のフローラ”個展のお知らせです


菊は香り、夜空の月は澄む季節、10月になりました。
 どきどきしています、あらためまして個展のお知らせです。



DM 春風桃季のフローラ 桑原聖美 個展


個展 DM あらかわ画廊




桑原聖美 日本画展 / 春風桃季のフローラ

2018年10月16日(火)~10月27日(土)
11:00~6:00
(日曜休廊・最終日4時まで)

あらかわ画廊
 東京都中央区銀座1-10-19 銀座第一ビル3F  
  03-3566-5213 http://www.arakawa-art.jp/

 
            春風桃季のフローラ  
春風桃季のフローラ (絹本彩色) 130.0×48.5cm


DM案内はがきの印刷の方が少し鮮やかな色合いのようです。これからあて名書きをいたします。


こちらと対になる絵も出品予定です。
花にもいろいろございます、そちらのテーマはボードレールの花。
思いのほか時間がかかってしまっています。


何卒、どうぞよろしくお願い申し上げます。
ご高覧いただけましたら幸いです。


桑原聖美  Satomi Kuwahara




10月は個展があります

今夜は十五夜、
いろいろあった夏もすっかり終わり秋、愛らしい虫の声が聞こえてきます。



まだDM案内はがきがありませんので、後日に改めてお知らせいたします。
来月10月は個展がございます。

遅れていてまだまだ制作中で緊張しています・・・



個展のタイトルにした絵です。
「春風桃季のフローラ」  130cm×48.5cm 下のほうの部分です。
部分です 春風桃季のフローラ






桑原聖美 日本画展 ”春風桃季のフローラ”  
2018年 10月16日~27日 
あらかわ画廊 (銀座)

何卒どうぞよろしくお願い申し上げます





今年もゆうれい展の頃に

夏の終わりのころになりました、
今年もゆうれい展がございます。

 ゆうれい展  

第参回 ゆうれい展





「第参回 ゆうれい展」

2018 8/25(土)~9/2(日) 
19:30~23:00 
(日曜日13:00~23:00 最終日13:00~19:00)

会場:騒ギニ乗ジテGallery Bar 
    大阪住之江区北加賀屋1-6-1 1F

入場無料

東學、阿野テリーヌ、エジマタケシ、太井潤一
桑原聖美 、Kenji Sento、、ササキエリンギ、しながわなつみ
Jyari、、雀蜂子、、高田一樹、玉置哲也
月夜乃散歩、寺野敬二、「少女(ヒロイン)解体新書」、Mai Aimheart
三村康仁、冥麿、山本めぐみ、ロケット•ジャック

*交流会もございます
8月26日(日)18:00~22:00
入場無料 どなたさまもご参加くださいませ

*ご来場の方は、どうか1ドリンクご注文お願いいたします


この夏は、どのような素敵なゆうれい達が集まるのでしょうか。
ご都合よければ、どうぞご高覧くださいませ
よろしくお願い申し上げます。



反魂香 (軸装)
反魂香 (軸装)


今年もゆうれい展では、反魂香(個人蔵)を飾っていただきます。
ありがたいことに、年に一度のお出ましでございます。

反魂香 
反魂香



ほかに2点 ”ドイツの神秘家による念写撮影” 
、という架空の設定の作品も出品させていただきます。

キャプションには、
偶然に背後上部にも少女の精霊が写り込みました、と書いてあります。

架空の念写作品
 こちらは以前に一度だけ、アートセッション展(愛知県美術館)に飾ったものです。




反魂香は、この世に生きている人が、黄泉の国に行かれたいとしい人を一目会いたく偲び、呼び出すための秘香。

そして念写は、生きている人が念じて写しだすもの。


主観は生きている人。
夢想的ではありますが、今昔もう一度会いたいという切なる切ない気持ちはございましょう。



どうぞよろしくお願い申し上げます。

桑原聖美  Satomi kuwahara



------------------------------------------------------------------
ゆうれい展は無事に終わりました。
残暑厳しい中、お運びくださりどうもありがとうございました。

ツイッターやFacebook、メッセージで暖かいお声もいただきうれしく思いました。
関係者の皆さまにもお礼を申し上げます。

Appendix

プロフィール

satomik

Author:satomik
桑原聖美 Satomi KUWAHARA
女神をテーマに日本画を描いています。
ホームページ http://satomi-kuwahara.com

どうぞよろしくお願いいたします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR