Latest Entries

ephemeral~少女たちの領域 2017

展覧会のお知らせです。
  2回目の”ephemeral~少女たちの領域”  に参加いたします。
  
 とにかく素晴らしい出品者の方々、少女をテーマにしたほんとうにすてきな展覧会です。 
 参加できるしあわせ...
 

 ご都合よければ、ぜひご高覧くださいませ。
 

少女たちの領域 展
少女たちの領域 2017

 

ephemeral~少女たちの領域 2017」
2017年9月16日(土)~10月9日(月・祝) 12時~19時
           月曜・火曜休(祝日の場合は開廊)

◆出品作家
足立絵美、Nicoletta Ceccoli、Amy Crehore、深瀬優子、後藤温子、濱口真央、樋上公実子、平野実穂、加藤美紀、小暮千尋、黒木こずゑ、くるはらきみ、桑原聖美、Selena Leardini、松本潮里、水野恵理、Virginia Mori、むらいゆうこ、永見由子、永吉友紀、中井結美、小川香織、Saki Ozabu、佐久間友香、佐々岡まゆこ、Amy Sol、高田美苗、Ania Tomicka、鳥居椿、上田風子、吉井千恵


  みうらじろうギャラリー
    http://jiromiuragallery.com
   東京都中央区日本橋大伝馬町2-5 石倉ビル4F




 ブログを書いている本日は、マリア様のお誕生日といわれる9月8日。

   ただいま制作中ですが、こちら出品いたします。
バンビーナ 制作中
  ドルチェ・マリア・バンビーナ (仮題)        F4号   日本画・ 鳥の子紙
 

 信頼しているある方から、”幼きマリア”  ルネッサンス絵画や中世絵画のことを聞き、触発されて描きました。
   偶然に9月ですし、想うこともいろいろあります。 
 
  久しぶりに支持体に鳥の子1号紙を使ってみました。
 

少し大きめの絹本彩色とこちらの2点の出品予定です。 

 
いつもありがとうございます。
どうぞよろしくお願い申し上げます!








追記:

 ”ドルチェ・マリア・バンビーナ”のモデルの女の子は、
  8月の展覧会 月に叢雲、花に嵐(ザロフ)に出品した”小さな金星”と同じ女の子です。
 まつ毛が天然でクルンとしていてるし表情が豊かで本当に可愛い。
 少女はいいですね。 その存在が生命力がみんなを幸福な気分にしてくれます。


小さな金星




桑原聖美     Satomi Kuwahara




”月に叢雲、花に嵐 ”    展覧会のお知らせです


 月に叢雲、花に嵐 

 2017年 8月17日(木)~8月29日(火) (23日水曜定休)
           12:30~20:00  (最終日~17:00まで)


   桑原聖美、真条彩華、菅野まり子、丁子紅子、森天飛、山科理絵

画廊・珈琲 Zaroff
 東京都渋谷区初台1-11-9 五差路
  http://www.house-of-zaroff.com
          初台駅中央口 徒歩数分
             ギャラリーは2Fです。 1Fのカフェは22:00まで。

”月に叢雲、花に嵐”

Zaroff DM

*「月に叢雲、花に嵐」とは、美しいものはすぐに消えさってしまう、という儚さを意味する故事





ときめく女性人気作家の方々との展覧会。 
   どきどき緊張しながら・・・。 楽しみです。

アウローラ  F4 
 ツイッターに載せた写真と同じですが、仕上げ前。
  
 一番鳥が鳴いて、白々と明けていくとき、朝靄、朝霧、朝焼け。 
白々明のそんな時間を、また気配とを。 なんとか描きたかった。
                  
  ・・・・・海の近くで聞いた一番鳥の声は、鶏ではなかった。
 

アウローラ ㏂4:35
 ”アウローラ  AM4:35 ”     日本画 ・F4号


写真はのせていませんが、額縁も手染めのぼかしの布を張ってみました。
でも、よりぼーっとしてしまう。 それを意図したのだけど、どのように見えるのか少し不安。
 黒い額できりっとさせたほうが無難なのか考え中です。



 2点の出品予定です。
 
   ご都合よければ、ぜひご高覧くださいませ。
 どうぞよろしくお願い申し上げます。




桑原聖美  Satomi Kuwahara





 







第弐回 ゆうれい展 

盛夏の候、お元気でいらっしゃいますでしょうか。
いつもありがとうございます。
 
今年もゆうれい展がございます。
yurei ten
  
ゆうれい展 2017




第弐回 ゆうれい展

 8月2日(水)~8月13日(日)
    平日19時半~25時半
     土日13時~25時半

騒ギニ乗ジテGALLERY Bar
大阪市住之江区北加賀屋1-6-1
カガ第1ビル1階

東學、IMA、太井潤一、桑原聖美、琴乎あおい、しながわなつみ、Jyari、
雀蜂子、高田一樹、田守牧子、玉置哲也、月夜乃散歩、
釣崎清隆、HARIO!?、hiro、「少女(ヒロイン)解体新書」、三村康仁、ロケット•ジャック

      *交流会8月6日16時から
入場無料(1ドリンクをご注文ください)




いろいろなジャンルでご活躍の方々が出品で私もとても興味深いです、楽しみです。

 去年に続いて、ご収蔵いただきました 反魂香(軸装)を飾っていただけるようです。
個人蔵となった作品を見ていただける___このような機会は光栄なことです。
 ほんとうにありがたいです。
 
また、年に一度になんて七夕のようで情緒があって・・・。
 いえ、
   反魂香でお呼び出しくださったので、あちらの世界からまいりました・・・ たまさかでございます・・・・・
・・・
という感じでしょうか。
 
   見てくださいましたら幸いです、うれしいです。
 
ほかに小品(サムホール)ですが、新作1点描きました。

新作  ゆうれい展  
 ツイッターにのせた画像と同じですが、幽霊なのに写真写りが良いみたいです。



はなやかな大阪の夏の宵、ご都合よければ、どうぞご高覧くださいませ。


美と幻想の世界
反魂香  (絹本・軸装)        美と幻想の世界(総合ムック・2016年発売)に掲載していただいております絵です








桑原聖美 Satomi Kuwahara 

CDジャケットアート展 Ⅳ


展覧会参加のお知らせです。
 七夕の翌日から始まります。

CDジャケットアート展 Ⅳ

CD Jaketart Ⅳ







_  高橋千裕・御子柴大三・山本冬彦の推薦作家による   _
 
アートで聴く音楽   ジャケットアート展Ⅳ  


2017年7月8日~7月17日
11:00〜19:00(最終日〜17:00)

パレットギャラリー 麻布十番

http://palette-gallery.jp/
東京都港区麻布十番2ー9ー4


阿部蕗子 、木村佳代子 、工藤大輔 、黒坂麻衣 、桑原聖美、斉木駿介

齊藤拓未、しぶやかほ、下重ななみ、須飼秀和、須川まきこ、そめやまゆみ

髙橋千裕、手塚真梨子、朋絵、内藤瑶子、服部奈々子、

原太一、宝珠戸祥穂、MAYA、丸山ゆき、水谷真弥子、中村美和子


---------------------------------------------------------------------------
私は エリック・サティ 歌曲集から、ジュ・トゥ・ヴ- を選んで描きました。

satie / Je te veux


こんな感じに。
原画は、S4号の日本画です。 (DM掲載の絵は実は描き始め・制作中のもの・・・・です)

飛んでるテントウムシは、遠目で見たらハートに見えるように…
 色は、トリコロールのつもりです。

ジュ・トゥ・ヴ (あなたがほしい)は、サティの歌曲の中では最もポピュラーで、いろいろなジャンルの多くの歌手が歌っているよう。
(実は歌曲は、他にも幾つか結構あります)
女性ヴァージョンと男性ヴァージョンがあり興味深いのですが、どちらも訳詞を読むと、
ちょっと素直すぎて(甘すぎてというのかな) 照れくさいような歌詞。
 優しく可憐なメロディに、フランス語でのせるから、ぐっとくるように思います。

ここでは、海外のソプラノ歌手(女性ヴァージョン)のCDを使用します。
 
 他に、カウンターテナーが歌うのも素敵です。
ボーイソプラノでも聴いてみたい。 詩とミスマッチな感じが絶妙なような気がいたします。
ワルツで可憐。


過去に知人作家何人かが参加していたので見に行きました。 実際に音楽も聴ける愉しい仕掛けの展覧会です。 


 装幀・造形家、出品者でもある高橋千裕さんから、お誘いいただきました。
4回目の恒例のジャケットアート展、私は初参加です。

どうぞよろしくお願い申し上げます!
お時間ございましたら、ご高覧くださいませ。 






桑原聖美   Satomi Kuwahara


 





永遠の幻想・美の幻影 展

梅雨の晴れ間はいいですね、とくに午前中。
 今朝の心地いい空気感、いままでこういう感じ知りませんでした。
湿り気ある澄んだ朝、たとえるなら高原の霧の朝。
___6月、展覧会のお知らせです。

「永遠の幻想・美の幻影展」
2017年 6月 17日(土) ~ 6月 25日(日)

@ ROPPONGI STRIPE'S SPACE
六本木ストライプスペース
東京都港区六本木5-10-33 ストライプハウスビル 1F, B1
TEL: 03-3405-8108

11:00~19:00 (最終日17:00まで)
入場無料


<参加作家>
(平面)
浅野勝美、浅野信二、味戸ケイコ、東逸子、アルフォンス・イノウエ、伊豫田晃一、勝国彰、
金子國義、北川健次、北見隆、清田範男、桑原聖美、合田佐和子、今道子、高田美苗、野中ユリ、
多賀新、建石修志、林由紀子、牧田恵実、町野好昭、松島智里、向川貴晃、山本タカト
ハンス・ベルメール、S・F=ゾンネンシュターン、H・ヤンセン
(立体)
木村龍、土井典、林美登利、マンタム、宮崎郁子、森馨

永遠の幻想 展

永遠の幻想・美の幻想 展


魅力的な展覧会、なんだかすごい出品者のなかに入れていただいて光栄です。
お時間ございましたら、ぜひご高覧くださいませ。

私は3点、出さしていただく予定です。(1点新作、2点は今年制作、関東以外の展覧会に一度飾ったものに少し加筆して額を変えて)

 *実はフライヤーに載せてもらった写真は、仕上げ前で、また画面が乾ききっていないので、実物とは少し色みが違ってしまいました。
アリエスたちへ (部分)



”アリエスたちへ”    日本画(雲肌麻紙)   WSM
 こういった動機も面白いかもしれないと、ほんとうにアリエス(St.アグネス)の幻想を想って描きました。
SNSで出会う多分?少女、実際にお会いしたこともなく本名も知りませんが、よく展覧会は見に来てくださってるそう。
 また、たびたびメッセージをくださいます。  
 ある絵がほしかったと、だからその絵の部分に描いた同じ薔薇を、うす紫色からうす紅色に替えて添えました。


アリエスたちへ 部分

ふちまで描いたので、もう少し違う形体の額にすればよかったかなと思ったり。
でも見えないところも自己満足で楽しんで描いたので、それで良いのかもしれません。 



どうぞよろしくお願い申し上げます。



 

八本脚の軌跡 展

 いつもありがとうございます。
すっかり気持ちの良い季節になりました、風にのってどこか遠くに行きたいなという気持ちになります。
展覧会のお知らせです。

蜘蛛展  DM パラボリカ・ビス

蜘蛛展 パラボリカ・ビス

八本脚の軌跡」展
http://www.yaso-peyotl.com/archives/2017/04/1705_spider.html


相場るい児
麻生志保
桑原聖美
中村美梢

2017年5月3日[水・祝]〜5月28日[月] ※5/9(火)、5/16(火)は休館
月~金/13:00~20:00 土日祝/12:00~19:00
入場料 500円 (注:入場料があります ・開催中の展覧会共通)


パラボリカ・ビス parabolica-bis
東京都台東区柳橋2-18-11
          03-5835-1180
*アクセス*
「浅草橋」駅JR東口・徒歩6分/都営浅草線A6出口・徒歩4分
駅から:江戸通りを浅草方面に進み境耘閣の角を右折。2本目の道を左、1本目の道を右に入る。

八本脚の軌跡 DM其の二 相場るい児さんのお作品

八本脚の軌跡 DM 切手面には、私の絵の部分の蜘蛛が・・・ なんだか嬉しい。実際の絵では、お米つぶ位の蜘蛛
 

初めて参加させていただくギャラリーにて初めてご一緒するすてきな作家さんたちとの展覧会で、楽しみとともにドキドキいたします。そして光栄です。
お題目は蜘蛛、蜘蛛の糸。
どのような粋な蜘蛛があつまるのでしょうか。
 
 私は軸装を含めて、小さめの絵ばかりですが、新作4点くらいの予定です。
初日の3日7:00~レシェプションもございます。

DMは2種も洒落たものが。凝ってますね。
 其の二と記したものが、昨日、先に手元に届きましたので順に宛名を書いております。
 枚数にかぎりがありますが、ご希望くださる方はメッセージを下さいませ。


ご都合よろしければ、どうかご高覧くださいませ。
 お蜘蛛さまにあやかって、お脚が多いようで______________   と、なりますように。
                       (初参加なのに、なんとも図々しいことを書いてしまいました・・・ )

どうぞ宜しくお願い申し上げます!

桑原聖美 Satomi Kuwahara



追記: 添えられている言葉が魅力的だったのでコピペしました。
 この展覧会は東京ですが、京都山科の春秋山荘、、、はー、行ってみたいです。

パラボリカ・ビスが関西での拠点としている京都山科の春秋山荘。
最寄り駅から徒歩で20分も行けば、そこは外界から切り離された異界である。
この山荘の庭には立派な蜘蛛の巣がある。
主は女郎蜘蛛であり、命の抜け殻や朝露の名残りが、繊細な糸に絡めとられている様子にはつい見入ってしまう。
そうする内に気がつくのである。
あのかぼそく煌く糸に、身の内に潜む何かが捕らわれている事に。
じぶんですらそうなのだから、これが作家ともなれば、掻きたてられるのも頷ける。
八本脚の、怪異的な姿をしたこのいきものに。
魅了された者達が紡ぐ、創作の世界。(平安工房 篠塚伊周)


「 ヤポネシアファンタズム」展    ギャラリー・オルテール6周年記念

立春も過ぎて、春らしい日差しが嬉しくなる日もございます。
 
お世話になっているギャラリー・オルテールの6周年記念展に、私は1点ですが出品させていただいております。
 木曜日から土曜日の開廊です。



「 ヤポネシアファンタズム」展
Galerie Or・Terre 6周年記念
オルテール 2017 6周年


2017年2月16日(木)~18日(土)、
       23日(木)~25日(土) 全6日間
   13:00~19:00  (最終日 17:00まで)
 
 Galerie Or・Terre
ギャラリー オル・テール
東京都中央区京橋1-6-10 ミカタビル地下1階
https://or-terre.jimdo.com/ニュース/



参加作家  
大森伸樹、岡田富士子、 北見隆、 桑原聖美、 篠塚はるみ、 高田美苗、 高松潤一郎、高松ヨク、 たつき川樹、 田中信子、 永井祥浩、 林千絵、長谷川桑知子、 比留間友香、 藤川汎正、 宝月輝、 松宮直子、 三浦菜々子、 渡邊光也、井関周 (以上敬称略)



ひかりかがやくもの
”ひかりかがやくもの”   絹本(日本画) 



いつもありがとうございます、 ご高覧いただけましたら幸いです。

どうぞよろしくお願い申し上げます!



桑原聖美   Satomi Kuwahara




Appendix

プロフィール

satomik

Author:satomik
桑原聖美 Satomi KUWAHARA
女神をテーマに日本画を描いています。
ホームページ http://satomi-kuwahara.com

どうぞよろしくお願いいたします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR