FC2ブログ

Latest Entries

無事に終わりました 乱歩展


 5月22日にて、第14回 新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館 乱歩先生とわたしⅡ 展 (東武百貨店池袋店 美術画廊) は、無事に終了いたしました。
ほんとうに沢山のご来場、 みなさまどうもありがとうございました!
 憧れの出品者の方々にも、関係者の方々にも心よりお礼を申し上げます。


昨年同様に、この乱歩展のきれいな冊子・乱歩画帖がなんと無料配布されました。
乱歩画帖
表紙の仮面は北見隆さんの作品です 会場に飾られていましたが、なぜかキャプションはついていませんでした、が、皆さまお分かりのようでした。白い天使が素敵です
 

 予想以上のご来場者だったようで、冊子は会期中に無くなってしまったとのことを知りました(Twitterで見に来られた方が残念と書いておられて) 少し心苦しいですが、
それだけ楽しみにしておられた方が多いとは有り難いことでもと感謝します。

乱歩展
左 私のページはこちらです、    右ページは吉田光彦さん。


 1日だけの私の在廊日にあわせて、お運びくださったかたにもお礼を申し上げます。
光栄なことに、出品の2点は、「黒蜥蜴の君」 「うつし世はゆめ」は今回で見納めになりました。ご収蔵くださいました方、まことにありがとうございます。

皆さまのおかげです。

「うつし世はゆめ」 絹本(日本画)・額装 は、搬入ぎりぎりまで仕上げをしていたので、載せられるきちんとした写真がなくて・・・失態
(できればのちほど探して追記したいです、もう少し手を入れましたし)029 現世はゆめ (2)

古紙に描いたような風合いになる予定が、裏打ち(染付和紙)➡表具にて、思っていたよりきれいに仕上がってしまい、(きれいとはおかしな言い方ですが)
手を入れていたらぎりぎりに・・・。 でも気に入っています。
私はどうしても予定より早くということができないタイプのようです。反省しました。

乱歩展
お客様が少ない時にと思っていたら、会場内写真もうっかりしていて撮り忘れてしまいました






在廊前に旧江戸川乱歩邸へ
旧江戸川乱歩邸へ
乱歩先生にご挨拶申し上げるようなつもりで訪れました。
 立教大学の敷地内です、池袋東武百貨店から歩いていけます。

ranpo tei
お見苦しいですが土蔵の前でしばし瞑想
右の方に、白いものが。 オーブと思い込めば---- 記念になります。 

書庫
蔵の中は書庫です ガラスの扉があり入れませんが、覗かせてもらいました。大変興味深いです、感激。
ぐっときます。何と申しますか、威厳を感じました。


 知人に教えてもらい、せっかくなので、
立教大学の立派なチャペル(オルガン演奏も拝聴)、学食なども楽しませていただきました。もうひとつのレストラン(学食?)も教えてもらいましたがお休みでした。 また、きれいな白い蔓薔薇も見れました。
チャペル

  立教大学 学食前


どうもありがとうございました、心より。

桑原聖美  Satomi Kuwahara

















 



「乱歩先生とわたしⅡ」 展覧会のお知らせ

展覧会のお知らせです。
 昨年に続き、素晴らしい方々のご出品の素晴らしい乱歩展に参加させていただきます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

乱歩先生とわたしⅡ
乱歩先生とわたしⅡ




第14回 新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館
乱歩先生とわたしⅡ」展

加藤俊章、 北見隆、、 桑原聖美、、 桑原弘明、、 七戸優、、 清水真理、、
城芽ハヤト、 新宅和音、須川まきこ、 高田美苗、建石修志、 樋上公実子、
ひらいたかこ、 峰岸達、 宮崎敬介、 安田隆浩、 横尾美美、 吉田光彦


日程:2019年5月16日(木)~22日(水)
時間:10:00~20:00(最終日16:30まで)

 東武百貨店 池袋店 6F 1番地 ・ 美術画廊
東京都豊島区西池袋1-1-25




乱歩先生とわたしⅡ展の冊子もございます。原稿を見させていただきましたが素敵です。

追記:
 2点の出品予定です。 1点は小ぶりの軸装にしました

 012 (2)
 黒蜥蜴の君         軸装



 
18日(土)2~5時ぐらいの在廊予定でおります。 

どうぞよろしくお願い申し上げます。
 ご高覧くださいましたら幸いです。




おまけ
 こちらは出品作ではありません
  「乱歩先生ご肖像」
 R先生御肖像

制作中 習作
日本画ではなく、洋紙に顔彩などです。 制作途中の画像




なんとなくずっと体調のすぐれないGW連休中に描いていました。
 あらためて思いました、 健康ってなんてすばらしいことでしょうか______________________________



桑原聖美 Satomi Kuwahara


花喰い鳥  相場るい児・桑原聖美 展  二人展のお知らせです/追記あります

花々のきれいな季節になりました。新しいことが始まる特別な卯月。

花喰い鳥、
展覧会のお知らせです。
 
大阪のワイアートギャラリーさんにて昨年に引き続いて、日本画と陶芸(立体)での二人展です。 
どうぞよろしくお願い申し上げます。
 
花喰鳥 桑原聖美・相場るい児展 DM この絵の題名は 「花喰鳥」です  

花喰い鳥 ワイアートギャラリー DM  http://www.yart-gallery.co.jp/top.html  




花喰い鳥     奇想と美のCollaboration
 相場るい児・桑原聖美 展


2019年 4月18日(木)~28日(日)  月曜休廊
 11時~19時(日曜日は17時まで )



ワイアートギャラリー    

大阪市北区堂山町15-17 アクトスリービル1階
TEL(06)6311-5380

主要各線梅田駅から徒歩10分 堂山交差点を東へ、一つ目信号南側

作家在廊日
 相場 るい児 4月21日(日)・4月28日(日)
 桑原 聖美 4月20日(土)・4月21日(日)

私は1点を除いて、関西未発表の18点の出品予定です。 



どうぞご高覧くださいませ
何卒よろしくお願い申し上げます。



桑原聖美  Satomi Kuwahara


先日、DMはがきを投函しましたが、
以前に芳名帳に記載してくださった住所録ファイルが開けられなく、お送りしたくてもできていない方もおられます。
すみません。
 お手数ですがDMはがきをご希望してくださる方は、ご住所お知らせくださいませ。



追記*
 奇想で妖しくて愉しい作品の相場さんとの展覧会ですので、
私も愉しい絵をいくつか描きました。 元号も変わる新しい時代に明るい期待も込めて。
制作中画像ですが、こちらも出品いたします

小春日和
「小春日和」 サムホール 日本画・絹本   
落款を押してしまいましたが、もう少し加筆しました。
 
 色も質感も上手く撮れないので、実際にご覧いただけたら嬉しく思います。(コントラストが付きすぎています、実際はもう少し渋い色です。)


下は前にツイッターの載せた、制作中の「花喰鳥」の画像です。  (余談ですが梅を描いたのは嬉しい偶然でした)
 絹に描いているので、下に置く紙でこんなに違います。 目がおかしくなりそうな時もあります・・・・・

花喰鳥  制作中の画像


制作中 花喰鳥

そしてまた裏打ちで色が変わって縮みますし。
もっと描きやすい方法があれば・・・・・・ご教示くださいませ・・・・・と最近よく思います。


 重ねてどうぞよろしくお願い申し上げます

追記
”花喰い鳥” 相場るい児・桑原聖美 展 ・ワイアートギャラリーは昨日、無事に終了いたしました。
連休前のお忙しい中、お運びくださった皆様にこころからお礼申し上げます。
どうもありがとうございました。

ご縁をいただきまして、
阪急古書のまち リーチアート(大阪・梅田 )に一部の作品を展覧していただいております。
この後は、関西の今年の展覧会の予定はございません。
ご覧いただけましたら幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

地図・リーチアートさんのTwitterからです 見れますでしょうか



桑原聖美 Satomi Kuwahara

ミス・モーヴ、ビリチスに会いに行く 展のご案内です  ”朗読会”ございます


‘ミス・モーヴ、ビリチスに会いに行く’ 霧とリボン (東京/吉祥寺) 、会期中の朗読会のお知らせがございましたので、下記に転載いたします。  たいへんに素敵な賜物の時を想像してしまいます。 お運びくださるお客様も含めて。


『ビリチスの三つの歌』

2019年2月15日(金)17時
2019年2月16日(土)15時/17時

入場無料・途中入場可能
20分ほどのカジュアルな朗読会です。
お気軽にお立ち寄りくださいませ。

★朗読
「パンの笛」「髪」「ナイヤードの墓」から各回二編
フランス原詩/ミス・モーヴ新訳

★蓄音機演奏
ドビュッシー作曲
ソプラノ:マギー・テイト
ピアノ:アルフレッド・コルトー
(1936年録音)から各回二曲


玉田優花子 × 霧とリボン
ヴァレンタイン共同企画展vol.2
‘ミス・モーヴ、ビリチスに会いに行く’
 
霧とリボン 
  ・ 直営SHOP   Private Cabinet  (東京/吉祥寺)
 
前期・美術展
2月9日(土)〜16日(土)
*2/12・2/13休
13:30~19:00 (最終日~18:00)




I水盤 MG_20190204_0003
「水盤の澄んだ水  ビリチスの歌より」     楕円17×12cm    日本画(板) 
                 水鏡のなかの揺れる心と揺れない水・・・・



こちらも出品いたします。




どうぞよろしくお願い申し上げます

桑原聖美  Satomi Kuwahara


追記
‘ミス・モーヴ、ビリチスに会いに行く’展は無事に終了いたしました。
お運びくださった沢山の方々、どうもありがとうございました。
 ビリチスの歌という新鮮なテーマ、私自身も楽しみました。

いろいろなこと、ご縁に、心から感謝を申し上げます。

ART NAGOYA 2019


ART NAGOYA 2019
http://www.artnagoya.jp/


開催日時:
プレビュー 2019年2月15日(金)13:00~19:30 (プレス、招待者)
一般公開 2019年2月16日(土)11:00~19:00
       2019年2月17日(日)11:00~18:00

会場:ホテルナゴヤキャッスル 9階フロア
    名古屋市西区樋の口町3-19  
    http://www.castle.co.jp/hnc/


みうらじろうギャラリー 927号室
出品作家(五十音順)
伊藤知世、河合真維、倉田明佳、くるはらきみ、桑原聖美、佐久間友香、SHINRI、ニシカワアイ、根橋志織里


2月15~17日は名古屋のART NAGOYA がございます。
 みうらじろうギャラリーから出品させていただきます。
私は新作2点、旧作2点の予定です(小品も含みます)

内気なラナンキュラス  
  画像は制作中のものです。 
「内気なラナンキュラス」          3号位です  日本画





どうぞよろしくお願い申し上げます。
桑原聖美  Satomi Kuwahara



追記・ 15日と17日午後、会場におります予定です。







ART NAGOYA、無事に終了いたしました。
お運びくださった皆様、ご収蔵くださった方、心よりどうもありがとうございました。
 引き続き会場をかえて、日本橋のみうらじろうギャラリーさんにて”雲雀東風”展(3月16日~31日) がございました。
(私は旧作3点の出品)
こちらもご高覧をどうもありがとうございました。
 
感謝を込めて



ミス・モーヴ、ビリチスに会いに行く 展のご案内です  もう一度

  
ミス・モーヴ、ビリチスに会いに行く  DM



霧とリボン  DM




玉田優花子 × 霧とリボン
ヴァレンタイン共同企画展vol.2

《ミス・モーヴ、ビリチスに会いに行く》
 
霧とリボン 
    ・直営SHOP   Private Cabinet 
東京都武蔵野市吉祥寺東町2-33-16 ホロン内1F奥


★★前期・美術展★★
2019年2月9日(土)〜16日(土)
*2/12(火)・2/13(水)休
 13:30~19:00 (最終日~18:00)


[展示作家]
赤池ももこ(版画)
un jour(キャンドル)
くるはらきみ(絵画)
桑原聖美(絵画)
須川まきこ(イラスト)
玉田優花子(翻訳)
鳥居椿(絵画)
野村直子(絵画)
藤本綾子(磁器)
目黒ミロ(スクラッチアート)
メリリル(アイシングクッキー)

★★後期・モード展★★
2019年2月23日(土)〜3月2日(土)
*2/27(水)・2/28(木)休

[展示作家]
R in my head(付け襟)
アンヴァンテール(フランスアンティーク)
玉田優花子(翻訳)
ネバアランド BIRTHDAY(衣服・服飾小物)
Belle des Poupee(アクセサリー)
massaging capsule(服飾小物)
mIRA.(衣服・服飾小物)
メリリル(アイシングクッキー)
霧とリボン(アクセサリー)

菫色の小部屋に棲むミス・モーヴが、歴史や小説の中に分け入り、ひとりの特別な女性/THE WOMANに会いに行くシリーズ企画の第二弾。今回のTHE WOMANは、ギリシャの詩人ビリチス。ギリシャ古詩の翻訳として発表された『ビリチスの歌(1895年)』は、実際はフランスの詩人ピエール・ルイスの創作でしたが、当時、多くの人々がビリチスの実在を信じたといいます。

19世紀フランス詩研究が専門の玉田優花子がミス・モーヴに扮し、美術とモード、ふたつの会期で多彩なビリチスの世界をお届けする本展の案内役をつとめます。



美術展会期中のみ英国二十年代製蓄音機を設置。
ドビュッシー作曲「ビリチスの三つの歌」の古い音源をお楽しみ下さい。

★★モード展関連イベント★★
長澤均『20世紀初頭のロマンティック・ファッション』刊行記念 トークショウ

ファッション史家として名高い著者による比類なき流行文化史を『ガゼット・デュ・ボン・トン』の貴重な原本と共に体験するサロンイベントです。



上記は霧とリボンさんの https://www.kiri-to-ribbon.com/ から転載させていただきました
 
 再度ご案内いたします。
私は前期に出品させていただきます。 新作小品2点と旧作1点の予定です。
 

先月よりも日が長くなりました。
春の気配を探すような余寒もここち良く感じます。

そうそう、Happy Lunar New Year 2019! 
旧正月でございますね。
 
 

ご都合良ければ、どうぞご高覧くださいませ。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

桑原聖美  Satomi Kuwahara

ミス・モーヴ、ビリチスに会いに行く 展のご案内です




香油   (サムホール)
「香油  ビリチスの歌より」   (SM・日本画)


”ミスモーヴ、ビリチスに会いに行く” 霧とリボン(東京・吉祥寺) 2019・2月9日~16日には、
私は新作2点(こちら含む)と旧作1点を出品予定です。

 はじめて参加するサロンギャラリー。
菫色の小部屋というコンセプトのフェミニン、
とても素敵です。
 ご出品も素敵な方々・・・
 
展覧会後期モード展、長澤均さん(ファッション史家)のトークショーイベントもございます。


こちらは霧とリボンさんのツイッター 
展覧会(前期)のご案内です
https://twitter.com/KIRI_to_RIBB…/status/1089510318814842880

どうぞよろしくお願い申し上げます。



下って、私生活はパソコンの調子が悪く、また小さなトラブル解決中の2月始まり・・・  
 節分で厄を払ってよい月にしたい・・・お豆に願います


のちほど、もう一度きちんと展覧会参加のお知らせをいたします。
(ふわーっとうっとり、絶妙な美しさのDM・案内はがきです.。スキャンするとその絶妙さが伝わらないのが残念なくらい。また枚数に限りがございますので郵送できなかった方ごめんなさい)

パリに住む友人ピアニストのご専門がドビュッシーなので、ビリチスの歌について聞きたく深夜にチャットしたこと (魅力あるエピソードが聞けました)、
愛書家の知人にビリチスの唱などピエール・ルイス著の何冊かをお借りしたことなど 
(さすがに綺麗な本、保存状態も・そして他にお借りした前から読みたかった評伝ピエール・ルイスは興味深いです)、
思いたつまま書きたいことがありますが、
時間がある日に、またの機会に。


ピエール・ルイス



いつもありがとうございます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。


 追記* 
 先日、フェイスブックのこの絵に、”少女の憧れは罪なのか・・・” とコメントをくださった方がおられました。
私も同じようなことを想い制作いたしました。読み取ってくださって嬉しいです。
たぶん、ルイスもそのような意味合いを詩・香油に含めたのでは・・・ 

 ナルドの香油は甘松香 -----  マリーマドレーヌ、 聖マリア・マグダレーナ (余談ですが、高貴なお家柄の出という説の方が好きです)


桑原聖美  Satomi Kuwahara

Appendix

プロフィール

satomik

Author:satomik
桑原聖美 Satomi KUWAHARA
女神をテーマに日本画を描いています。
ホームページ http://satomi-kuwahara.com

どうぞよろしくお願いいたします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR