Entries

"パラード追想” 展覧会のお知らせと...

パラード追想 DM

"パラード追想"  

2013 9月26日㈭~10月1日㈫ 
12:00~19:00 (最終日 10月1日は17:00まで)

相原みゆき、井関周、桑原聖美、中川知洋

Gallery銀座一丁目  東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル4F
http://www.ginza1.net/access.html
宛名面

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


展覧会のお知らせです。 どうぞよろしくお願いいたします。
DMは、まだ届いておりませんが、先にお知らせさせてください。
*DMご希望の方メッセージくださいませ。

後日、在廊日は決めましたらブログでお知らせいたします。


*パラードは、当時斬新な、ご存じ夢のような伝説のバレエ。
そして、リアルタイムで、あの時代に生きたかったと憧れを想います。

(下記はパラードとは~より)
ロシア出身の振付家レオニード・マシーンによるバレエ (1917年)。
原題《Parade》。
初演はセルゲイ・ディアギレフ率いるバレエ・リュス。台本ジャン・コクトー、美術パブロ・ピカソ、音楽エリック・サティ。


サティのパラード  
なんと、プーランクとオーリックの演奏!
”Satie: Parade, played by Poulenc and
Auric, piano four hands”
http://www.youtube.com/watch?v=R0Z4F3s-OJo&feature=youtu.be



そうそう、今年はジャンコクトーの没後50年のメモリアルだそうですね。
(余談ですが、今年、プーランクも没後50年。だから同じ年にということなのですね。有名なことですが、エディットピアフも命日が同じだから没後50年....1963年...)

今年のカンヌ映画祭の映像で知りました。
『Opium』
<ジャンコクトーの没後50年を記念してオマージュを捧げるため、カンヌクラシックはArielle Dombasle監督が『La Belle et la Bête (1946)』の監督に捧げたコメディ ミュージカルを上映します>

"Opium"festival cannesより
 この映像、素敵です、何度も見てしまう。
あまり話題を聞きませんが、日本でも映画館で上映予定あるのでしょうか。是非とも観たいですね。
翻訳の感覚の違いでしょうか、ミュージカルだけれど、コメディでは無さそうな



DMの画像は、ジャンコクトーの映画"オルフェの遺言”へのオマージュです。再び前のブログと同じ写真より。もう少し描きすすめてます。オルフェ




会期までに他に新作が仕上がるか微妙なのですが、なんとか描きたいと思います。
DMのロゴタイプいいですね、どのような展覧会になるのか楽しみです。


いつもありがとうございます。どうかよろしくお願い申し上げます!



桑原聖美 Satomi KUWAHARA
http://satomi-kuwahara.com


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://satomikuwahara.blog.fc2.com/tb.php/11-22181d70

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

satomik

Author:satomik
桑原聖美 Satomi KUWAHARA
女神をテーマに日本画を描いています。
ホームページ http://satomi-kuwahara.com

どうぞよろしくお願いいたします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR