FC2ブログ

Entries

個展・春風桃季のフローラ、会期は折り返しです。音楽のことも

時が過ぎるのは早くて
 会期中(10月16日~27日)の
桑原聖美日本画展・春風桃季のフローラ / あらかわ画廊 http://www.arakawa-art.jp/は、会期折り返しになりました。

3日間の在廊、こころからありがとうございました。
沢山の方に観ていただき感謝、感謝です。

 すこし絵の配置変えをいたしました(してもらいました)。
ときおり、やさしい春風(ゼピュロス)が吹き抜けてくれたなら・・・
 より楽しんで頂けましたら嬉しく存じます。

どうぞ宜しくおねがい申し上げます。

個展 DM あらかわ画廊



今日は音楽のことなどを

始まりの歌 テ・デウム
始まりの歌―テ・デウムー  F8号 日本画
  今発売中の月刊ギャラリー 10月号のあらかわ画廊紹介ページに掲載していただいたのもこちらの絵です

この絵は音楽がテーマ。
音楽にお詳しい方は、テ・デウムと聞いて大作曲家の幾つかの華々しい曲を思い浮かべると思います。
 
 讃美歌、聖歌の中では、賛美の賛歌。 親しまれて祈りの歌として大切に歌われます。

歴史の中には、いろいろな忘れてはいけない出来事があります。
 私が住む名古屋、尾張地方にも。 殉教とは_まだまだ私にはわからない。

ひとつの美しい歌にも魂を込めた想いがあるということを描きたかった・・・・・
そして惜しみなく生きるということを




個展には、
足利真貴さんソプラノコンサート 2019年1月24日 宗次ホール(名古屋) のフライヤーが置いてございます。
(宗次ホールさん、急いで仮印刷版をお送りくださりありがとうございます ここで )
 どうぞお持ち帰りくださいませ。
 

 こちらのコンサートでは、なんと嬉しいことに、一部、私の絵と音楽のコラボレーションが企画されております。
映像ででしょうか?どのようなことになるのかとても楽しみです。 

ピアノはあの 赤松林太郎さんです。

足利真貴 ソプラノコンサート

宗次ホール 1・24

ソプラノ歌手の足利真貴さんには出会ってからの5~6年の間に何度かモデルをお願いしています。
でも、このようなコンサートでの企画は初めて。
 
 真貴さんはきれいなだけではなく、皆をお守りくださるアヴェマリアという雰囲気が漂う。たぶん、生まれながらの使命でしょうか。
そして声は澄んでいて清らか。

宗次ホールではプッチーニ・サルヴェレジーナがプログラムに。
ヴェルディ・椿姫、レスピーギ・あなたが生まれた時・・・も。 

真貴さん



このたびの個展・春風桃季のフローラでも、・始まりの歌ーテ・デウムーはじめ、3作品ほどモデルになっていただきました。





どうぞよろしくお願い申し上げます。
ご高覧いただければ幸いです。

桑原聖美 Satomi Kuwahara


 追記 足利真貴さん オフィシャルページ https://www.maki-ashikaga.com/
名古屋のほか大阪、東京でもコンサートが予定されています。詳しくはこちらでご覧くださいませ、そしてぜひお運びくださいませ。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://satomikuwahara.blog.fc2.com/tb.php/138-992fc331

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

satomik

Author:satomik
桑原聖美 Satomi KUWAHARA
女神をテーマに日本画を描いています。
ホームページ http://satomi-kuwahara.com

どうぞよろしくお願いいたします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR