FC2ブログ

Entries

ミス・モーヴ、ビリチスに会いに行く 展のご案内です  もう一度

  
ミス・モーヴ、ビリチスに会いに行く  DM



霧とリボン  DM




玉田優花子 × 霧とリボン
ヴァレンタイン共同企画展vol.2

《ミス・モーヴ、ビリチスに会いに行く》
 
霧とリボン 
    ・直営SHOP   Private Cabinet 
東京都武蔵野市吉祥寺東町2-33-16 ホロン内1F奥


★★前期・美術展★★
2019年2月9日(土)〜16日(土)
*2/12(火)・2/13(水)休
 13:30~19:00 (最終日~18:00)


[展示作家]
赤池ももこ(版画)
un jour(キャンドル)
くるはらきみ(絵画)
桑原聖美(絵画)
須川まきこ(イラスト)
玉田優花子(翻訳)
鳥居椿(絵画)
野村直子(絵画)
藤本綾子(磁器)
目黒ミロ(スクラッチアート)
メリリル(アイシングクッキー)

★★後期・モード展★★
2019年2月23日(土)〜3月2日(土)
*2/27(水)・2/28(木)休

[展示作家]
R in my head(付け襟)
アンヴァンテール(フランスアンティーク)
玉田優花子(翻訳)
ネバアランド BIRTHDAY(衣服・服飾小物)
Belle des Poupee(アクセサリー)
massaging capsule(服飾小物)
mIRA.(衣服・服飾小物)
メリリル(アイシングクッキー)
霧とリボン(アクセサリー)

菫色の小部屋に棲むミス・モーヴが、歴史や小説の中に分け入り、ひとりの特別な女性/THE WOMANに会いに行くシリーズ企画の第二弾。今回のTHE WOMANは、ギリシャの詩人ビリチス。ギリシャ古詩の翻訳として発表された『ビリチスの歌(1895年)』は、実際はフランスの詩人ピエール・ルイスの創作でしたが、当時、多くの人々がビリチスの実在を信じたといいます。

19世紀フランス詩研究が専門の玉田優花子がミス・モーヴに扮し、美術とモード、ふたつの会期で多彩なビリチスの世界をお届けする本展の案内役をつとめます。



美術展会期中のみ英国二十年代製蓄音機を設置。
ドビュッシー作曲「ビリチスの三つの歌」の古い音源をお楽しみ下さい。

★★モード展関連イベント★★
長澤均『20世紀初頭のロマンティック・ファッション』刊行記念 トークショウ

ファッション史家として名高い著者による比類なき流行文化史を『ガゼット・デュ・ボン・トン』の貴重な原本と共に体験するサロンイベントです。



上記は霧とリボンさんの https://www.kiri-to-ribbon.com/ から転載させていただきました
 
 再度ご案内いたします。
私は前期に出品させていただきます。 新作小品2点と旧作1点の予定です。
 

先月よりも日が長くなりました。
春の気配を探すような余寒もここち良く感じます。

そうそう、Happy Lunar New Year 2019! 
旧正月でございますね。
 
 

ご都合良ければ、どうぞご高覧くださいませ。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

桑原聖美  Satomi Kuwahara

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://satomikuwahara.blog.fc2.com/tb.php/146-47e2a4ee

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

satomik

Author:satomik
桑原聖美 Satomi KUWAHARA
女神をテーマに日本画を描いています。
ホームページ http://satomi-kuwahara.com

どうぞよろしくお願いいたします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR