Entries

その三、展覧会の回想日記 ”幻想耽美”展

もうひとつ、展覧会の回想日記です。
『幻想耽美―現在進行形のジャパニーズエロチシズム』 Jananese Erotica in Contemporary Art (2015年6月17日〜28日)
・東急文化村ギャラリー/Bunkamura Gallery

幻想耽美展、この世界観の大御所の作家さん、憧れの作家さん、大好きな作家さんたちとご一緒させていただけたほんとうに素晴らしい展覧会でした。
密度の高い、濃厚で思想の深い作品の数々。
完成度の高い人形作品たち。
Bunkamuraギャラリー 会場もまた素晴らしかった。
評判も凄く良く、連日の盛況でした。

会期中、突然の集中豪雨の日もありました。そんな頃にお運びいただきまして、ありがとうございました!



幻想耽美展
恐れ多くも、また幸せなことに、ウインドーに私の掛け軸、”游仙靴”を飾っていただきました (涙)

幻想耽美 Bunkamura
私の左隣は、林良文さんの重厚な鉛筆画です。

幻想耽美展にて

風の精霊 (2)
”風の精霊” 近年のなかでは、かなり時間が掛かった絵です。絹本でこんなに天然の岩絵の具を重ねたのは初めて。
 京橋のオルテールさんの同時期の展覧会に出品したものと対です。
神話の西風と東風になればいいなと意図したのですが、、、。 どのようだったのでしょうか。
風の精霊 部分 部分アップ

メイカイノソネット
”冥界のソネット”

撮影禁止だったので、私のカメラには自分のものだけで展覧会風景はありません。
フェイスブックのこちらのPIE Comic Artさんの6月の投稿に綺麗な写真がたくさんあったのだけれど、ログインしていなくても見られるのでしょうか。https://www.facebook.com/piecomicart


20日に展覧会場で、谷川渥さん、空山基さん、恋月姫さんのトークショーとサイン会がありました。私も立ち見で拝聴しました。
透明感については私もめざしておりますので、お話は興味深かったです。
http://www.tomosha.com/mado/6322 トークショーの内容が、こちらにさすがにとても良くまとめてあり、会場風景も少し見られます。三浦悦子さんの凄いすごいオーラの人形も。



 
幻想耽美展
いろいろな意味で、身に余る光栄なうれしい出来事があった”幻想耽美―現在進行形のジャパニーズエロチシズム”展です。
 そう、ひとつは雲の上の方のように思っている憧れの方が、私の作品を気に留めてくださったそう。 うわぁ、、感激です。
励みにして、はずかしくないように精進したいと存じます。つまずいたときにも思い出すと思う。



お運びいただきました方々、ご協力いただきました方々、素晴らしい出品者の方々、どうもありがとうございました、こころより.....
 ここでのお礼が遅くなりましたが、感謝しております。



桑原聖美   Satomi Kuwahara 
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://satomikuwahara.blog.fc2.com/tb.php/71-493d7c69

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

satomik

Author:satomik
桑原聖美 Satomi KUWAHARA
女神をテーマに日本画を描いています。
ホームページ http://satomi-kuwahara.com

どうぞよろしくお願いいたします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR