Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掲載のお知らせ 二人展

エキストラート 表紙
ExtrART(エクストラート) file.15  (アトリエサード・12月25日発売号) に掲載していただきました。
 1月20日~2月4日の ”摩尼・相場るい児・桑原聖美 展/ワイアートギャラリー”のTOPICS・全4ページです

ご覧いただけましたらうれしいです。   (本も展覧会も・・・  もしもできましたなら・・・)
 きれいに載せていただいてます。

どうぞよろしくお願いいたします。


https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4883752976/atelierthirho-22

http://athird.cart.fc2.com/ca7/223/p-r7-s/


エキストラート 15
掲載








新春・ 日本画五人展

2018年、はじめの展覧会です。
 日本の新春、やっぱり日本画が似合うよう、そのように私も思います。



 日本画五人展

あらかわ画廊




新春特別企画
日本画 五人展 
   手塚恒治 阿部清子 高崎昇平 亀井三千代  桑原聖美

2018年 1月9日(火)~20日(土)
11時〜6時 (日曜休廊/最終日4時終了)

あらかわ画廊
 東京都中央区銀座1-10-19 銀座第一ビル3F  
  03-3566-5213

素晴らしい方々とご一緒させていただき光栄です。

私は小さめ3点の出品です。 新作の軸装、習作小品と、東京では未発表の近作です。

DM掲載はこちらです
”狗子図”     (DMでは題名が違ったものになってしまってます・・・) 
狗子図 

軸装
新春らしい裂地で、清々しい雰囲気の軸装になったように思います。



どうぞよろしくお願い申し上げます。
 ご都合よければ、ぜひご高覧くださいませ


 

*あらかわ画廊は、昨年 京橋から銀座に移転しております。
  DMの地図を大きめに載せましたので、どうか見てくださったら幸いです。
      
      有楽町線 銀座一丁目駅 出口10番11番より徒歩1分
      銀座線 京橋駅 出口2番より徒歩2分



追記  日本画五人展は無事に終了いたしました。
      
 初日に、なんとか急遽に在廊いたしましたが、何人かの方にお目にかかることもできましたし、
ご厚意で乾杯もさせていただきました。  
あらかわ画廊さん

会期中は天候にも恵まれましたし、たくさんの方に来廊いただいたことも聞きました。 
おかげさまで、幸先良い想いのこころあたたまる年のはじめになりました。
 
日本画5人展 狗子図

どうもありがとうございました。
感謝申し上げます。



     


明けましておめでとうございます

初春

新年のおよろこび申し上げます。
 初日に寒さもゆるみ、また大きく丸い月の輝きに気持ちも躍るすがすがしいお正月でございます。

旧年中はお世話になりました。
 こころから感謝の気持ちでいっぱいです。ほんとうにありがとうございました。

2018年、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

みなさま、健康でより佳い年になりますように・・・


 
 
 

2018年 年賀

年賀状の絵は、”狗子図” (いぬころず) 
 軸装にしました。
 
 今年、戌年初めの展覧会、あらかわ画廊さんの新春・日本画五人展に出品予定です。

重ねてどうぞよろしくお願い申し上げます。


*1月は、新春特別企画・日本画五人展 あらかわ画廊 1月9日~
      摩尼・ 相場るい児 桑原聖美展 (二人展)  ワイアートギャラリー 1月20日~   がございます。
   

  他に、新春チャリティーがありましたが、 こちらはささやかながら私でもお役に立ちたいと寄贈することにしました。
     
     



桑原聖美  Satomi Kuwahara

装幀画展Ⅴol.5 

12月の展覧会参加のお知らせです。
 こちらが今年の最後。


文学とアートの出会い〜高橋千裕・御子柴大三・山本冬彦の推薦作家による
装幀画展Ⅴol.5

2017・12月9日(土)〜17日(日) 11:00〜19:00

パレットギャラリー麻布十番  http://palette-gallery.jp/upcoming/2219.html
東京都港区麻布十番2ー9ー4

2017 装幀画展Ⅴ   w


DMも偶然にクリスマスカラー!
 そう、クリスマスも近くなるので、リルケの”神さまの話”を選び楽しんで描きました。
   絹本の日本画です。 めずらしく会期の早めに描いて、只今、表具に出しているところです。


リルケ
リルケ 

神さまの話は、
  詩人が易しい言葉で語る、なんとも浮遊感あふれる童話のようにも読める短編集です。

有名なことだけれど、リルケはロダンの秘書を務めていたこともあるように、芸術、美術のことも深い知識があるよう。
 あとにはリルケとバルチュスとの関係もありますし。

 絵画で例えれば、静かな心象画という雰囲気でしょうか。

何度も読んでいますが、はじめて読んだときは、その文体が衝撃的で、とても影響を受けました。
 
ふと何故か、映画・秘密の花園で
  ”インドでは神さまののど(口の中?)には宇宙があるの”というピロートークのワンシーンを想い出しました。



まだ少し早いので、近くなりましたら追記などいたします。


ご都合よければ、ぜひご高覧くださいませ
どうぞよろしくお願い申し上げます!

追記

DM


リルケ
 すこし暗いですが、梱包中の写真です。

 

装幀画展は、原画と装幀カバーを仕立てた文庫本をともに飾る愉しい展覧です。

重ねてどうぞよろしくお願い申し上げます。

リルケ 装幀画展







桑原聖美  Satomi Kuwahara




室内少女 展 ・展覧会のお知らせ

十五夜も過ぎて、深まる秋。
 雨上がりには金木犀の香りもますます甘く満ちております。

展覧会のお知らせです。

室内少女 展

乙画廊 DM



室内少女 ”
 2017年 10月26日~11月4日  
  11~6時
  (日曜日休廊・11月3日と最終日は 5時まで)


阿部清子  石川真衣  桑原聖美  紺野真弓  細川成美   米満彩子

乙画廊 
 大阪府大阪市北区西天満2-8-1 大江ビル1F
  06-6311-3322
http://oto-gallery.jpn.org/site/OTO%20top%20page.html
地下鉄御堂筋線・京阪線淀屋橋駅1番出口より徒歩5分



  



蜻蛉 部分 制作中
こちらは、DMなどにも載せていただきました絵の部分・制作中のものです。
 制作中 9月
 ”蜻蛉と鼻煙壺 (とんぼとびえんこ)   天子蜻蛉 ”  日本画  (制作中・ 部分   9月にツイッターに載せたものと同じ)

縦長のサイズです、画像は下2/3くらい。    
 高知麻紙の古紙を譲っていただいたので使ってみました。 風合いに面白味があります。

私は2点出品の予定です。 もう一点は絹本です。

 *DMをご希望くださる方はメッセージを下さいませ。

 

ご都合よければ、ぜひご高覧くださいませ
  ぐっと肌寒くなりました、早々に暖かくしてお運びくださいませ。

どうぞよろしくお願い申し上げます。



 追記     天子蜻蛉とは小泉八雲の言葉から。 
そのような美しい蜻蛉がほんとうに存在するのかは、私にはわからないけれど。
天子(天使)の幻かもしれません。 ご存知の通り、蜻蛉の読みはセイレイでもありますし。


室内少女


ephemeral~少女たちの領域 2017

展覧会のお知らせです。
  2回目の”ephemeral~少女たちの領域”  に参加いたします。
  
 とにかく素晴らしい出品者の方々、少女をテーマにしたほんとうにすてきな展覧会です。 
 参加できるしあわせ...
 

 ご都合よければ、ぜひご高覧くださいませ。
 

少女たちの領域 展
少女たちの領域 2017

 

ephemeral~少女たちの領域 2017」
2017年9月16日(土)~10月9日(月・祝) 12時~19時
           月曜・火曜休(祝日の場合は開廊)

◆出品作家
足立絵美、Nicoletta Ceccoli、Amy Crehore、深瀬優子、後藤温子、濱口真央、樋上公実子、平野実穂、加藤美紀、小暮千尋、黒木こずゑ、くるはらきみ、桑原聖美、Selena Leardini、松本潮里、水野恵理、Virginia Mori、むらいゆうこ、永見由子、永吉友紀、中井結美、小川香織、Saki Ozabu、佐久間友香、佐々岡まゆこ、Amy Sol、高田美苗、Ania Tomicka、鳥居椿、上田風子、吉井千恵


  みうらじろうギャラリー
    http://jiromiuragallery.com
   東京都中央区日本橋大伝馬町2-5 石倉ビル4F




 ブログを書いている本日は、マリア様のお誕生日といわれる9月8日。

   ただいま制作中ですが、こちら出品いたします。
バンビーナ 制作中
  ドルチェ・マリア・バンビーナ (仮題)        F4号   日本画・ 鳥の子紙
 

 信頼しているある方から、”幼きマリア”  ルネッサンス絵画や中世絵画のことを聞き、触発されて描きました。
   偶然に9月ですし、想うこともいろいろあります。 
 
  久しぶりに支持体に鳥の子1号紙を使ってみました。
 

少し大きめの絹本彩色とこちらの2点の出品予定です。 

 
いつもありがとうございます。
どうぞよろしくお願い申し上げます!








追記:

 ”ドルチェ・マリア・バンビーナ”のモデルの女の子は、
  8月の展覧会 月に叢雲、花に嵐(ザロフ)に出品した”小さな金星”と同じ女の子です。
 まつ毛が天然でクルンとしていてるし表情が豊かで本当に可愛い。
 少女はいいですね。 その存在が生命力がみんなを幸福な気分にしてくれます。


小さな金星




桑原聖美     Satomi Kuwahara




”月に叢雲、花に嵐 ”    展覧会のお知らせです


 月に叢雲、花に嵐 

 2017年 8月17日(木)~8月29日(火) (23日水曜定休)
           12:30~20:00  (最終日~17:00まで)


   桑原聖美、真条彩華、菅野まり子、丁子紅子、森天飛、山科理絵

画廊・珈琲 Zaroff
 東京都渋谷区初台1-11-9 五差路
  http://www.house-of-zaroff.com
          初台駅中央口 徒歩数分
             ギャラリーは2Fです。 1Fのカフェは22:00まで。

”月に叢雲、花に嵐”

Zaroff DM

*「月に叢雲、花に嵐」とは、美しいものはすぐに消えさってしまう、という儚さを意味する故事





ときめく女性人気作家の方々との展覧会。 
   どきどき緊張しながら・・・。 楽しみです。

アウローラ  F4 
 ツイッターに載せた写真と同じですが、仕上げ前。
  
 一番鳥が鳴いて、白々と明けていくとき、朝靄、朝霧、朝焼け。 
白々明のそんな時間を、また気配とを。 なんとか描きたかった。
                  
  ・・・・・海の近くで聞いた一番鳥の声は、鶏ではなかった。
 

アウローラ ㏂4:35
 ”アウローラ  AM4:35 ”     日本画 ・F4号


写真はのせていませんが、額縁も手染めのぼかしの布を張ってみました。
でも、よりぼーっとしてしまう。 それを意図したのだけど、どのように見えるのか少し不安。
 黒い額できりっとさせたほうが無難なのか考え中です。



 2点の出品予定です。
 
   ご都合よければ、ぜひご高覧くださいませ。
 どうぞよろしくお願い申し上げます。




桑原聖美  Satomi Kuwahara





 







Appendix

プロフィール

satomik

Author:satomik
桑原聖美 Satomi KUWAHARA
女神をテーマに日本画を描いています。
ホームページ http://satomi-kuwahara.com

どうぞよろしくお願いいたします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。